記者コラム

爆弾低気圧

 今年は雪が来なくて過ごしやすい冬だとのんびりしていたら、8日からの爆弾低気圧で、美幌町内は一気に雪に埋もれてしまった。慌てて長靴を出し、スコップを手に除雪。せっかくの日曜日を除雪で過ごしたお父さんたちも多いことだろう◆この大雪に喜んでいるところもある。リリー山スキー場は、ようやく人工降雪機が動き始めた矢先の降雪なのだから、まさに天の恵。今年は例年より1週間程度遅れて22日のオープン予定だが、これでいつでもオープンできるといったところか。何より降雪機の出番が少ないほど経費はかからない。暖冬に泣かされっ放しだったから、ほっと一安心だ◆9日は、町内でも行事があったが、大雪に邪魔された格好だ。朝から中止となった行事もあった。どんと冬将軍がやってくると、誤算がたくさん生じてしまう。それでも、本格的な雪にやっと美幌の冬到来を感じさせるのも事実だ◆道路のほうは、かなりの悪路。雪向きではないと揶揄されるわが愛車には、天敵の路面。何回も動けなくなって、後方車に迷惑をかけた。走る場所、停める場所にも気を使うシーズンになった。まあ、冬道は焦らず、慌てずの心境である。     (本多)

追加情報