記者コラム

2016.10.06 読書の秋

 つい先日まで気温30度を超す真夏日が続き、毎日のように「暑い、暑い」と言っていたが、いつの間にか季節は変わり秋の気配が漂ってる。これから初霜、初雪、初冠雪の話題が増え、秋の短い北海道は冬に向かって一気に加速しそうだ。そんな短い秋だからこそ、楽しみ方もより濃密にしたいと思う◆食欲の秋やスポーツの秋、芸術の秋など楽しみ方は人それぞれ。9日まで図書館フェスティバルが開催されているからというわけではないが、読書の秋もまた楽しみ方の一つ。今年の秋はどんな本を読もうかと考えたが、やはり好きな推理小説に落ち着きそうだ◆あす7日はミステリー記念日。1841年に世界初の推理小説といわれる「モルグ街の殺人」を発表したミステリー小説の先駆者、エドガー・アラン・ポーが8年後のこの日、40歳の若さで亡くなった。大好きな名探偵シャーロック・ホームズの原型が、「モルグ街―」に登場する素人探偵ともいわれている◆推理小説の原点を学ぶ意味でも、この秋はエドガー・アラン・ポーの作品をぜひ読みたいと思う。のめり込み過ぎて寝不足になることは目に見えているが。
(中村)

追加情報