記者コラム

2016.11.03 ムクドリの大群

 以前、取材先の役所に車を駐車していると、近くの木から真っ黒な集団が飛び立った。何事か窓から眺めていると、およそ300羽のムクドリが夕方、ねぐらに帰る姿だった。夕暮れの空を一瞬で真っ黒に染めた光景に驚いた◆驚きはそれだけではなかった。飛び立ったムクドリが残したものは、大量のフン。木の下に駐車していた車が真っ白になった。少し離れて駐車したわが愛車は助かったのだが、それ以降、この木の周辺に停車するのはやめた◆ムクドリは、スズメの仲間だがひと回り大きく、集団で生活するのが特徴。かつては害虫を食べる益鳥として重宝されたが、都市部に住むようになって騒音やフン害など害鳥になった。鳥のフンは酸性で、金属を腐食させるので車には大敵だ◆さて、先日知り合いからこのムクドリに悩まされていると聞いた。屋根はフンだらけ、テレビのアンテナも壊されたという。なぜか近所に押し寄せるようになったムクドリにおかんむりだ。どうやら餌を求めてやってきているようだという。餌付けはもちろんだが、屋外の生ごみも片づけたい。集団のムクドリにはご注意だ。(本多)

追加情報