記者コラム

2012年も残りわずか

 辰年の2012年も、残り2日だ。年越し準備は済んだだろうか。きょう、あすの週末は買い物や大掃除に忙しくなる家庭も多いことだろう。忘れ物ないよう新年への準備をしたい◆本紙も年内発行が本日付で最後だ。さて、締めくくりに美幌町の1年のニュースを振り返った。意外に元気な美幌町が浮かんでくる。特に小学生や中学生がスポーツの世界で大活躍し、高校生も全国で美幌町の名を広めた。備忘録で掲載できたのがほんのわずかと思えるほどに活躍する子供たちが多かった◆新しいことも始まった。買い物支援の宅配サービスもその1つ。豚醤油まるまんまも出足好調。不景気、不景気と言いながら、商店街も新しい挑戦で前進している。応援団は消費者だ。新しい取り組みに関心を広げてもらいたいと願う◆さて、来年は「巳年」。21世紀の始まりから12年が経った。この年、小泉純一郎内閣が発足した。そして今の安倍晋三首相は96代目。12年間で9人の交代があった。政権交代で民主党も3人の首相を送り出していることを考えれば、政界はめまぐるしい。総選挙もあって慌ただしかった12月。閏366日目の大みそかは穏やかに迎えたい。良いお年を。     (本多)

追加情報