記者コラム

風邪の流行

 風邪気味の人をよく見かける。この時期、インフルエンザなどのウイルスが元気だからだ。特に小、中学校の冬休みが終わって3学期が始まると、風邪の流行が一気に広がる。北海道で良く聞くのが、風邪の流行は冬まつり後がピークなのだという◆今冬は美幌も寒い日が多い。冬は乾燥しやすくて、それだけでもウイルスにとって絶好の環境だが、さらに冷え込みが厳しいことで元気になるのだ。空気中には見えないウイルス連中が躍動しているのだろうか。予防は、人の多いところではマスクの着用、さらにこまめな手洗いやうがいが最善という◆新年会などのシーズンで、飲み過ぎにも注意だ。免疫力が低下すれば、ウイルスにつけこまれやすいからだ。つまり、アルコールの摂取量だけではなく、睡眠時間の不足を解消したり、体を休めることが風邪に効果的だ。この時期の不摂生は避けたい◆とはいえ、風邪とは無縁で自分自身が予防対策を行ったことがない。今まではそれが自慢だったが、免疫力の低下を実感できる年齢になって、「自信過剰」が最も大敵だと言い聞かせている。この冬も風邪と縁がないよう、摂生を心がけることにしようか。       (本多)

追加情報