記者コラム

冬将軍再び

 今冬の雪がやっと一段落したかと思った週末、再びどっさりとやって来た。25日の降り始めから3日間で約70センチの降雪となった。美幌町内の昭野観測所の積雪深は27日に83センチを記録、今冬最も大きな値になった◆しかも、この大雪は風も強く、郊外では吹雪模様。吹きだまりがあちこちにあって、道幅が狭まりドライバー泣かせ。街の中でも歩道が埋まり、車道を歩く人の姿が目立った。同じ雪でも風が加わると比べものにならない怖さを発揮する。「冬将軍」とはよく言ったものだ◆せっかく排雪した街なかも、再び雪の山となった。道路に出した雪が直線道路をS字道路に変えている。道幅も狭くなっていて、譲り合いなど、運転には十分注意したい。12月の大雪との違いは、小学生の登下校があることで飛び出しなどにも気をつけたい◆美幌町の除雪費も例年をかなりオーバーしそうな雲行きだ。「年間に降る降水量は決まっている」といわれるが、どうやら今年は冬に集中しているのだろうか。わがふる里で古くから言われていたのが「豪雪の年は豊作」。その確率を調べたことはないが、実りが多い年になればこの冬の苦労も報われるというものだ。     (本多)

追加情報