記者コラム

春の交通安全運動

 美幌地方も、すっかり雪解けが進んで、畑も日陰を除いて土の色や秋まき小麦の緑色に変わった。日中の気温も10度を超える日が多くなって、歩行者や自転車の姿も増えてきた。道路沿いにたまるビリ砂利もそろそろ片付けの時期だ◆雪解けと聞くと、ファンが待ちきれないゴルフシーズン。女満別ゴルフコース、北見のハーブヒルゴルフクラブ、北見カントリークラブなど、近隣のコースはそろって13日のオープン予定。小高い場所には雪が少し残るものの、フェアウェーの芝生の緑がファンを誘っている◆北見市内などの練習場では、土、日曜日ごとにスイング調整のゴルファーでにぎわう。練習場にとっては、コースがオープンするまでが稼ぎ時になる。200球、300球と打ち込むゴルファーたち。練習の成果が本番のコースで試されるのは、間もなくだ◆車のタイヤ交換も替え時に悩む時期だ。道路はアスファルト路面だが、夜間の郊外ではまだ凍結路面の出現もある。タイヤの摩耗や燃費を考えると早め交換がありがたいが、事故の心配もまだまだ大きい。今月15日まで繰り広げられる春の交通安全運動が終わってから、交換の時期を考えることにでもしようか。     (本多)

追加情報