記者コラム

観光シーズン始まる

 来週の日曜日は美幌峠まつりだ。今年は特にそうだが、美幌町の観光は寒いゴールデンウイークというより、この峠まつりが本番入りとなる。レストハウスで交通安全祈願祭が行われて、峠観光の幕開けを告げる◆かつては峠開きとも呼ばれた祭り。大型の観光バスが立ち寄り、年間100万人を軽く超えていた美幌峠観光も、今は70~80万人。マイカー族、レンタカーが主流となって個人観光にシフトしているためだ◆苦戦が続く観光産業だが、急激な円安傾向が、海外からの入り込みに追い風だという。東南アジアなどから日本を訪れる観光客が増えている。この観光客を道東、オホーツクに引き込みたいものだ◆オホーツク総合振興局も海外の観光メディアなどを招いた誘致作戦を展開している。美幌峠は中国映画のロケ地にもなったことから有名な名所だという。「君の名は」を知っている外国人も多いと聞いたことがある。売り込むには絶好の機会である◆道内や地元勢のリピーターにも期待。レストランの食事など観光雑誌のアンケートで満足度が高いからだ。観光客を町内に誘引することにもアイデアを注ぎたい。滞留型観光は美幌町が抱える長い間の懸案だ。     (本多)

追加情報