記者コラム

ブルーライト

 「ブルーライト」といえば、われわれの年代は懐かしい歌謡曲を思い出すのだが、今はLED照明の発する光なのだそうだ。パソコンのモニターやスマホの画面も同様にブルーライトが使われている。ロマンチックではなく、意外に日常的な光なのだ◆我が家も安くなったLED照明に切り替えている。パソコンは仕事で使い、帰ってからも多用する。携帯は“ガラ携”なので、あまりのぞくことはないが、それでも、けっこうな頻度でブルーライトに接している◆テレビの番組で、このブルーライトが体に影響すると言っていた。体内時計を狂わせることが分かったと解説されていた。メカニズムはよく分からないが、リラックスできない光らしく、特に夜に浴びすぎることを避けたほうがいいという。サッカーのw杯予選で遅くまでテレビ観戦していてはダメらしい◆とはいえ、家電の多くにブルーライトが使われている以上、切り離すのは難しい。今さらLED照明を裸電球にも変えられない。上手な付き合いと正確な知識が大事らしい。まあ、生活リズムでは決して褒められない自堕落な生活を繰り返した身にとって、正確な体内時計を知らないのも困りものだが。    (本多)

追加情報