記者コラム

収支報告書が公開

 美幌町議会の政務調査費の収支報告書が1日から議会事務局で公開されている。年間24万円の交付で活用した研修や資料購入費など、領収書や研修成果の報告書などが添付されている。関心があれば閲覧することができるし、必要なら実費負担でコピーもできる◆政務調査費の名称はこれが最後になる。25年度からは政務活動費となった。中身は大きく変わらないが、使い途の幅が少し広がった。議員が行う陳情活動にかかる経費や、住民相談などにも使えるようになる。地方自治法の改正によるものだ◆政務調査費は、その使い途が問題になった市議会や道議会の例があって、美幌町議会の導入に関しても、使い途を細かく定めて信用ある政務調査費を心がけた。初年度の収支報告書では、問題が起こることもなかった。公開は、住民の“監視”で、こうした正しい使い途を守るためのものなので、収支報告書にも関心を持ってほしい◆公表された24年度の政務調査費。執行率は73・55%で、満額活用した議員は5人だった。返還は69万8千円余り。2年目は初年度より執行率が高まった。さて政務活動費になる25年度、交付を受けるのは12人になる。どんな使い方になるだろうか。  (本多)

追加情報