記者コラム

主婦たち必見、洗濯指数

 天気予報には翌日や1週間の天気や風速、風の向き、最低・最高気温、降水確率などさまざまな予想があり、それらが数字で表される。降水確率50%なら傘を持って出かけようなどひとつの目安にしている人も多いのでは◆降水確率とともに主婦の方たちが気になるのがインターネットなどの気象情報で示されている洗濯指数とよばれる数字。簡単にいえばその日洗濯すべきかどうかを判断する数字だが、これを出すには意外と複雑な計算が必要になる◆日本気象協会では、長袖の木綿シャツを洗濯して2分間脱水し、午前9時から午後2時まで干す。そしてシャツに残った水分量を測るという実験をもとに計算式を立てたそう。これに当日の気温、湿度、風速、日射量を当てはめて割り出した数字が洗濯指数だそうだ◆数字の見方は100%なら「絶対洗濯すべき」、80%なら「布団干しも最適」、60%は「乾きが悪い」、50%は「アイロンがけが必要」、30%だと「部屋の中でも乾かない」といった目安になる◆青空だったのに突然の豪雨など最近の天候は予測が難しい。今日はどうしようかと空を見上げて洗濯をちゅうちょする主婦の方々には、この指数も参考にしていただきたい。  (中村)

追加情報