記者コラム

夏バテラストスパート

 最近は、お盆が過ぎても暑さが和らぐことがない。30度近い日が続く上に、ここに来て不安定な気圧配置が雨をもたらし、湿気が伴う。少々不快な時期で、熱中症も心配だ。“夏バテ”のラストスパートといったところか◆網走保健所管内では咽頭結膜熱という感染症が流行している。定点調査で警報レベルに達した。急性のアデノウイルス感染症で、プール熱とも呼ばれ「夏のインフルエンザ」と称される。38~39度の発熱と頭痛や食欲不振、眼痛などの症状が5~6日間続く。プール帰りの子供たちの体調変化に注意が必要だ◆美幌町内の小学校は、今日から2学期が始まる。暑い夏を過ごした児童たちは、どれだけ真っ黒な顔で登校することだろうか。手には自由研究の工作を持ち、久しぶりに校舎に元気な声が響くことだろう。美幌町図書館で開かれる今年の夏休み作品展は東陽小の児童の力作だ。今月31日から9月13日までの予定だ。どんな楽しい工作が登場するか楽しみだ◆さて、気象庁の1カ月予報で北海道は、気温の高い日が続く見込み。雨量や日照時間は平年並みの予想だ。本格的な出来秋を迎える9月、少しでも農作物に追い風となる天候に期待を寄せたい。  (本多)

追加情報