記者コラム

満点の星空

  満天の星空を見上げると、季節ごとにさまざまな星座が競うように輝きを放つ。星座はもともと古代オリエントのバビロニア時代に最初に名づけられたと伝えられている◆今から5千年ほど前、チグリス、ユーフラテス川沿いで牧羊を営んでいた羊飼いたちが、羊の群れを見張りながら夜ごと星空を仰ぐうちに星の動きや配列に注目し名前が付けられたという。このバビロニアの天文学は、その後もギリシャに伝えられ、ギリシャ神話に登場する神々やさまざまな動物たちの名前が加えられた。今ではオリオン座やサソリ座など88の星座が数えられている◆宇宙の神秘ともいえる星座を楽しもうと、美幌みどりの村振興公社は9月末に星空散策を実施する。夏の星座から秋の星座へと移り変わるこの時期、星空を遮る街灯のないみどりの村を歩きながら、いろいろな星座を探そうという魅力的な企画だ◆宝石箱をひっくり返したような星々のきらめき、星座の持つ名前の由来は神秘的という言葉に尽きる。ふと夜空を見上げると吸い込まれそうな星座の群れ。少しでも星座に興味があれば、時には日常のけん騒を忘れ、のんびりと宇宙のロマンに触れてみるのはいかがだろうか。     (中村)

追加情報