記者コラム

ソチ五輪まであと100日

 ソチ五輪まで30日で残り100日になった。冬季五輪は道産子が数多く出場し活躍するので、北海道にとっては各地で話題が満載。もちろん、その盛り上がりの中に美幌町もいる。ほとんどの代表選手が12月ごろに正式決定となる見込みで、待ち遠しい。そしてパラリンピックが続く。選手にとって短い100日間は、楽しみなファンにとって長い100日だ◆美幌町は、すでにパラリンピックのバイアスロン競技で久保恒造選手が内定している。世界ランキング1位の実力だけに申し分なしだ。そして、バンクーバーに続いて距離女子の石田正子選手も“当確”。五輪で個人の日本人最高順位を持つ石田選手は、クロカン競技の日本のエース的存在だ。4年前に美幌町民を沸かせてくれた2人は、今回も感動を与えてくれるのは間違いない◆そして、有力候補に名乗りを挙げているのが、バイアスロン女子の鈴木李奈選手。冬戦教で伸び盛りで、ワールド杯にも初出場する。さらに、スピードスケートの一戸誠太郎選手がワールド杯代表をつかんだ。活躍次第で代表争いの上位にくい込んでくる。五輪イヤーの美幌町は、これから年末にかけて、海外レースの結果にも目が離せない。   (本多)

追加情報