記者コラム

「びほーる」

 美幌町民会館の第一ホールが改築されて文化ホールの機能を高めた「びほーる」に生まれ変わる。今月19日がオープンだ。町民見学会なども大勢が訪れ、新しい施設に関心も高い◆そのオープニングを担うのが町民合唱団の舞台だ。「土の歌フェスタ」。118人の合唱団が真新しいステージに立つために、たくさんの練習を重ねてきた。オープン記念行事に続いて午後5時と午後7時から2度のステージだ◆新しいホールは約500席。ゆったりとした造りは舞台鑑賞を存分に楽しませてくれる。「土の歌フェスタ」の入場整理券を発行したが、ほんの数日で2ステージ分がなくなった。新施設効果と町民手作りのこけら落とし行事を楽しみにする町民も多い◆さて、オープニングで入場整理券が手にはいらなかった人も多いと思うが、「びほーる」で開館記念事業は相次ぐ。劇団四季のステージだったり、NHKの公開番組だったり、町民団体のステージもある。こうした舞台で「びほーる」を楽しむのも良い◆長年、文化団体などが待ち望んだホールができた。使う側だけでなく足を運んで見る文化も育てていくことが、「びほーる」の役割を一層高めてくれるはずだ。     (本多)

 

追加情報