記者コラム

国民的食べ物、ラーメン

 いまや国民的食べ物といっても過言ではないラーメン。札幌や博多、喜多方、和歌山など全国各地にその土地自慢のラーメンがあり、人気の高さは郷土料理ともいえる。テレビのラーメン特集でも、登場する店はどこも行列ができるほど。そんな人気にもかかわらず、店主はよりおいしく、自分もお客も納得のいく一杯を作るため日々努力と研究を重ねている◆お年を召した方にはあのチャルメラの響きが懐かしいのでは。屋台のラーメン屋は今日のラーメンブームの原点だが、屋台で食べた経験のない者にとっては一種の憧れでもある。映画やドラマで屋台のシーンがあると無性に食べたくなるのもラーメンの魔力の一つかもしれない◆先述の郷土料理になりつつあるラーメンだが、道内でも函館や旭川、釧路などはすでにご当地ラーメンとして知られている。先日、美幌町農協が開発した地元産小麦の「春よ恋」と「ゆめちから」をブレンドした麺を試食させてもらった。コシがあってもちもちとした歯ごたえで、さらに麺自体の味も良い中太縮れ麺。来年2月から美幌峠の道の駅で提供されることから、ラーメン好きとしては将来のブランド化を含めて今から楽しみにしている。(中村)

追加情報