記者コラム

主婦休みの日

 朝早くから家族の食事の支度に始まり、掃除や洗濯で午前中を過ごし、ちょっとの休息を挟み買い物に夕食作り。主婦の1日は本当に忙しい。主婦へのアンケートで今の希望を聞くと「休みがほしい」、「家事に見合った賃金がほしい」という要望が上位を占めるそうだ◆それでも最近は奥さんと家事を分担する旦那さんや、子育てに積極的な“イクメン”などが増え、主婦の家事への負担は昔に比べ減っているようだ。「ウチの旦那は全く家事を手伝ってくれない」という反論もあるだろうが、あくまでも最近の傾向の話。そんな忙しい主婦の方々にちょっと変わった「今日は何の日?」を◆1月25日は「主婦休みの日」だそうだ。これは首都圏を中心に発行されているフリーペーパーで、女性向け生活情報誌の「リビング新聞」が平成21年に制定した。読者アンケートで要望の多かった1月25日、5月25日、9月25日の年3回、日ごろの家事を主に担当している主婦がリフレッシュする日だそうだ◆「そんなのフリーペーパーが勝手に制定した日だ」と思われる旦那さん。これが全国に広まり、いずれ母の日やバレンタインデーのように国民的な行事に発展する可能性もありますよ。 (中村)

追加情報