記者コラム

明日はびほろ冬まつり

 びほろ冬まつりが明日開催される。自衛隊美幌駐屯部隊の支援隊が1週間かけて製作したジャンボ滑り台は冬まつりの主役。今年も多くのちびっ子の姿でにぎわいそうだ◆今年、支援隊として作業に従事したのは20人。昨年までは雪像作りのベテランもいたが、今年は15人が初参加で、そのほかも経験不足だったことから、柴田真良支援隊長は「当初は不安の方が大きかった」と振り返る。それでも何とか予定通りに完成した。滑り台製作は隊員の努力はもちろんだが、支援隊をさらに支援する町民の力も大きい◆今年も各団体や商店などからさまざまな差し入れが届いた。焼きいも移動販売業の高城さんからはほくほくのやきいもが提供されたほか、うどんとそば(美幌消防団)、カップラーメン(美幌商工会議所)、ジャンボ豚まん(点香苑)、ペットボトルのお茶(自衛隊女性協力会)、豚汁とおにぎり(美幌駐屯部隊充実整備期成会)などが差し入れされた◆氷点下の厳しい寒さの中で作業に従事した支援隊員にとって、心温かい差し入れは何よりの原動力となった。そして冬まつり当日に滑り台を楽しむ子供たちの笑顔は支援隊員への何よりのプレゼントになるだろう。    (中村)

追加情報