記者コラム

Jリーグの横断幕

 サッカーの浦和レッズサポーターが掲げた横断幕が、差別だとしてJリーグが重い処罰を科した。「日本人のみ入場可」の英語表示。外国人お断りと受け止められる差別的な横断幕といわれて仕方がない。しかも「ゴール裏は自分たちの聖域」と言い切るサポーターは、チームを独占してしまっている◆プロ、アマ問わず、ファンの存在は大きい。野球、サッカーと人気のある競技も常にファンを大事にする。ところがファンは、成績のいかんや選手の活躍度によって罵声を浴びせる。激励とは受け取れない言葉や態度もある。度を超えたファン心理は少々、恐怖である◆最終盤のソチオリンピック。久保選手をはじめ、北海道選手が活躍しているので、インターネットでもさまざまな情報が目に入る。その中には、心ない書き込みが意外に数多くある。大半が感動の共有や激励などだが、一部とはいえ第三者として読んでも「なぜ」と思わせる文字が並ぶ。匿名で誹謗中傷すらできるインターネットの世界だからこそ、誤解も生み、悲しみも生む◆Jリーグの横断幕も、ファンとしての強い思いが行き過ぎを招いたのだとすれば、これからもチームを支えるファンであり続けてほしい。 (本多)

追加情報