記者コラム

一気に増えた雪

 今年の1月、「この冬はずいぶん雪が少ないね」があいさつ代わりの言葉だった。そして最近は「ずいぶん雪が多いね」があいさつになった。2月中盤から3月にかけて、一気に降雪が増えた。卒業シーズンのこの時期、道路脇の雪がこんなに高いのは、ちょっと記憶にない◆降る雪の量は多くても、気温はどんどん上がっていて、日中は車のヒーターを切る日が多くなった。上着を脱いで歩くのも間近だ。本州では、サクラの便りがどんどん北上してくる時期。春は、すぐそこまでやって来ているのだと実感できる◆子供が大学や社会人として自活する準備に追われる家庭。悩みは「消費税」である。生活道具一式を用意するのだから、3%の差は無視できない。「3月中に買おうか、新天地で準備させようか」と悩む。配送費も考えると、どちらが安上がりか。タイムリミットが近づき決断を迫られる◆消費税といえば買いだめを考える人も。特に喫煙組のたばこも値上がりの対象だから、店頭で予約する姿がある。「3%」にさまざまな工夫が生まれる。無策のまま4月を迎えようとしている我が家も、何か工夫が必要だろうかと慌てる。3月中のチラシとにらめっこでもしようか。(本多)

追加情報