記者コラム

RC・LC新年度スタート

 美幌町内の職業人の奉仕団体、美幌ロータリークラブと美幌ライオンズクラブが7月から新年度を迎えた。それぞれスタート例会を終え、新しい会長の方針のもとで1年間の活動が始まった◆国際的な奉仕団体だが、地域密着の奉仕活動も多く、毎年、取材にお邪魔する機会が多い。特に環境や青少年健全育成など、両団体とも物心両面で活動団体などを支えている。少年野球大会やスケート大会、スキー大会ではメダルの支援だけでなく大勢のメンバーが大会に訪れて観戦するなど熱心だ◆さて、美幌ロータリークラブは新会長に井上聡さん。美幌神社宮司で知る人は多いが、吹奏楽の育成、ボウリングなど個人的な活動の場も多い。昭和35年早生まれの54歳。一方の美幌ライオンズクラブ新会長は、西川利則さん。本業は西2北1で営む石材店で、美幌消防団の本部分団長として活躍する。昭和34年生まれの54歳だ◆2人は同級生。両クラブでは若手になる2人だが、会長という重責を担って両クラブの伝統をどう継承していくのか。ともに大先輩たちが刻んだ半世紀の歴史を持つクラブをけん引していく。     (本多)

追加情報