記者コラム

夏休み

 夏本番を迎え、小学生も待望の夏休み入りした。最近の小学生は夏休みにどんな遊びをするのだろう。プールや昆虫採集かなと思っていたら、終業式を終えた児童から「これからいっぱいゲームができる」という言葉が聞かれた◆今の子供たちの1番の遊び道具はTVゲーム。学校から帰ると部屋に閉じこもり画面に向かって操作レバーを夢中で動かす。TVゲームなどなかった昔の子供たちは夏休みともなれば1日中、外で遊んでいた。川に入ったり、虫を捕まえたり、それこそ自然が1番の遊び相手だったと答える方も多いのでは◆今の子供たちが自然相手の遊びに興味がないとは思えない。自然体験教室はいつも小学生の人気が高い。ただほとんどの子供は遊ぶきっかけがないのだろう。自然の中での遊びは親から子に受け継がれるものも多い。虫の捕り方や魚の釣り方、カエルの飼い方など◆「父さんの小さいころは…」という話は大抵子供に敬遠される。しかし興味をひかれる自然相手の遊びは別モノ。夏休みを利用して、お父さんが小さいころに覚えた遊びを子供に教えてみては。父親の株が上がること間違いなしですよ。   (中村)

追加情報