記者コラム

続く暑い日

 暑い夏がやって来た。というより、今年は随分前倒しで暑い日が続いている。アメダス美幌の観測データを見ると、7月中の平均気温は19・0度。平年値を1・4度も上回った。最高気温の平均も平年値より2・3度高い24・9度だった◆7月中の25度以上、いわゆる夏日は15日。このうち30度以上の真夏日は2回だった。観測所の環境に比べて市街地は体感温度が高いため、真夏日を感じる日はさらに多かったことだろう。それでも最低気温が20度を超える日はなく、寝苦しくないのが道東の暑さの利点だ◆美幌は6月も暑かった。真夏日だけを取り上げれば、7月より多い3日間。夏日も10回で、暑い夏は例年より前倒しでやって来た感がある。雨量が少ない干ばつ気味の気候は、住む者にとっては過ごしやすいが、大事な農業には厄介だ。スプリンクラーがフル回転する光景をよく見る前半戦の夏だった◆長期予報では暑い夏はしばらく続く見込み。去年の8月のアメダスの平均気温は20・0度。夏日は14日間あった。今年の7月を上回る暑さだ。熱中症はもちろん、体調不良、食欲不振、無理な運動などに気をつけたい。     (本多)

追加情報