記者コラム

8月9日は…

 8月9日午前11時2分、長崎市に原爆が投下された。この1発の原爆で長崎市内の4割近くを失い、15万人近くが死亡したとされる。プルトニウム型原子爆弾「ファットマン」だった。当初、小倉市に投下予定だったといわれたが、視界不良で変更されたという説がある◆遡る3日前の8月6日午前8時15分、広島市に世界で初めてウラニウム型原子爆弾「リトルボーイ」が投下され、この4カ月以内に死亡したのは最大で17万人近くとされている◆今も世界で原爆が投下されたのはこの2カ所だけだ。3発目の投下予定もあったという説もある。8月20日ごろで、京都や新潟が候補だったとされる。15日、日本が降伏したため第3の原発は回避されたとされている◆日本は今、原子力発電の是非が問われている。東日本大震災の福島第一原発事故を機に、再び被ばくの脅威がよみがえった。安全神話が崩れた以上、69年前の原発と変わらぬ恐怖がつきまとう。そして集団的自衛権行使容認が、国民議論のないまま戦後の憲法解釈を変更しようとしている◆平和と原発。戦争を知らない世代も今、日本の“針路”に真剣に向き合う時だ。  (本多)

追加情報