記者コラム

神社祭り

 4日から美幌神社秋季例大祭が始まった。また7日からは大空町の女満別神社秋季例大祭、9日からは津別神社秋季例大祭と神社祭りが目白押し。各例大祭とも神社境内などで奉納行事が行われるほか、神社近くには屋台が並び、大勢の町民などでにぎわいを見せる◆祭りの華といえば神社みこし。美幌町でも本祭の5日、美幌神輿会「櫟」によるみこし渡御が市中を練り歩く。今年も勇壮なみこしが沿道の町民を楽しませてくれる◆このみこしだが、どのまちでも近年担ぎ手不足が叫ばれており、美幌も例外ではない。美幌神輿会によると、特に若い男性の担ぎ手が少ないという。今年はみこし渡御が平日のため仕事を休めず、例年以上に人手の確保が大変なようだ◆近隣のみこし会や自衛隊などの応援を受けて何とか渡御はできそうだが、地元としては少し寂しさもある。美幌神輿会の大原会長は先日「みこしを担いだ経験がなくてもスタッフとして参加してほしい。周りで盛り上げてくれるだけでもありがたい」と参加を呼びかけている◆年に1度の神社祭り。威勢よく練り歩くみこし仲間に加って楽しんでみてはいかがか。     (中村)

追加情報