記者コラム

ツルツル路面

 美幌町内を車で走っているとツルツル路面にハンドルを取られ一瞬「ヒヤッ」とする人も多いのでは。デコボコやすり鉢状の路面では対向車が来ると横滑りしないよう変に力が入り、運動していないのに妙に体に疲れが残る◆美幌町も除雪とともに滑り止めのビリ砂利を散布してはいるが、今冬は週末になると暴風雪に見舞われ、ビリ砂利効果を感じる前に雪が積もってしまうパターンの繰り返しだ。先日も前を走る車が横滑りし、危うく対向車と衝突しそうになったり、横から出てきた車が1回転して雪山に突っ込んでいた。ご用心を◆車だけではなく、歩行者も凍った路面に足を取られ転倒しそうになる人も多い。もちろん靴底は冬用のゴムだったりスパイクが付いているだろうが、その効果が期待できないほどのツルツル路面だ◆ところで、高校受験を間近に控えナーバスになっている受験生のそばでは「滑る」という言葉は極力控えたいもの。今月12日には推薦入学の面接が、3月4日には学力検査が待ち受ける。志望校合格目指し最後の追い込みの今、あえて使うが「滑る路面」にも打ち勝って受験に挑んでほしい。 (中村)

追加情報