記者コラム

「知らなかった」

 美幌小横の道路は、時間によって車の通行が規制されている。知らないで通過する車両を見かけることがある。スクールゾーンなので、登下校の児童を交通事故から守るための規制で、破れば道交法違反である。もうすぐ新1年生も通う道。規制を知らなかったでは通らない◆しかし、国会議員は「知らなかった」で法律違反を免れることができるんだろうか、と思わされる。国会で野党の追及を受ける閣僚の政治資金である。国の補助金を受ける企業、団体からの一定期間の寄付の禁止である◆国会では、複数の閣僚が一致した答弁だ。「知らなかった」。だから違反にはならないらしい。まさに“法の網”である。法律を作った張本人たちが、自ら律した規制部分をねじ曲げては、何のための法律だろうか◆「すみませんで済めば警察はいらない」といわれたが、「知らなかったで済めば法律もいらない」のだろうか。なぜ、国民の税金から多額の政党助成金を交付しているのか。こうした疑いのある政治献金を防止するためではなかったのか。法律を作る立場の国会議員だからこそ、法の網を許さない態度で接してほしいものだ。  (本多)

追加情報