記者コラム

エイプリルフール

 恐らく、間もなく新入学や新入園を迎える子供たちに、親や先生たちは嘘を言わないよう、教育しているころだろうか。われわれの年代では「泥棒の始まり」などと言われて、お灸をすえられたものである。そんな「嘘」が、4月1日だけは世界中で“解禁”になる。「エイプリルフール」である◆海外では新聞やテレビでも嘘のニュースを流す。最近はインターネットでもイベントが繰り広げられるが、くれぐれも「笑えない嘘」はお断り。ジョークで済まされる程度で楽しんでほしいものだ◆この「エイプリルフール」で嘘がつけるのは1日正午までというルールもあると聞く。あまり引っ張り過ぎると、本物の嘘つきになるから要注意。そして英語の「エイプリルフール」は、騙された人を指す言葉だそうだ。さて、今年の4月1日は「騙す側」か「騙される側」か、どちらになることやら◆4月1日のもう1つの顔は「新年度」。新社会人や転勤族に新天地の仕事が待つ。引っ越しの荷造りもそのままに出勤になる人も多い。「嘘」を楽しむ余裕もないだろうが、新しい美幌生活を、ゆっくりと満喫してもらいたい。  (本多)

追加情報