記者コラム

統一地方選

 統一地方選が幕を開けて明日で10日。道知事選は12日の投票日までの折り返し、道議選の告示でヒートアップとなるのだろうか。今のところ、都市型選挙が目立ち、地方にまで熱が届いていない。選挙も景気と同様に中央集中型なのか◆オホーツクの道議選は、北見市と網走市、オホーツク東地域と西地域の区割りになった。合わせて議席数は6。14分の1の面積の旭川市区と同じ定数である。人口比や1票の格差は理解できるが、人口減少社会の中で地方の議員数が削られる一方ではないかとの懸念は、今後ますます高まる◆札幌周辺の意見ですべてが決まる。そう嘆く地方議員もいる。すでに多数決では勝てない勢力になっている。議員の議席も“中央集権”では、だれが地方の声をすくうのか。統一地方選を迎えて考えさせられる◆さて、後半戦の市町村長、市町村議会議員選挙も間もなく火ぶただ。美幌町では青年会議所が公開討論会を催す。5日間の選挙戦で立候補予定者の声を直接聞けるチャンスはそう多くない。4月10日の町民会館びほーるにぜひ足を運んでほしい。午後6時開場、午後6時半開始である。     (本多)

追加情報