記者コラム

悪徳商法のトラブル

 美幌消費者協会の消費生活展を取材した。2日間、消費者の暮らしに役立つアイデアを提案するイベントだ。今年で18回の歴史を重ねた生活展だが、時代の変化も感じさせる◆ほんの数年前、生活展の主役は悪質商法のトラブルだった。会場に手づくりのパネルがずらりと並んだ。訪問販売や通信販売のトラブルだけではなく、架空請求や振り込め詐欺の予防策も周知していた。消費者のトラブルを扱う協会にとっても、犯罪につながる重い相談が多かった◆今年訪ねた消費生活展で、この種のパネルは、通路に数枚。インターネットや携帯電話によるトラブルに注意を呼びかける。だまされない5カ条が最前列に掲げられているのは、時代が変わっても高齢者をはじめ悪質商法に狙われるケースが絶えないためだ◆一方で、消費者の関心事はリサイクルなどの生活の工夫だ。会場内には、眠っている着物や衣料品をリフォームしたバッグなどが並ぶ。パネルでは節電の知恵が記される。恒例どら焼きも「手づくり」が売り。環境や家計にやさしい取り組みの紹介だ。家庭を預かる主婦らはこうした勉強を重ねて知恵を蓄える。勉強不足の夫族も少しは見習いたいものだ。       (本多)

追加情報