記者コラム

これからの4年間

 美幌町の有権者は、現職の土谷さんと、14人の町議に次の4年、何を託したのだろうか。人口減少社会が進むと町の活力を失う。この4年はまさに、どう人口減少を止めるか。2万人の町だからこそ加速する人口を守ることが、町を支える施策になる◆投票率は、8年ぶりの町長選でも伸びなかった。73・99%。町民に最も身近な選挙であるはずなのに、有権者の4400人余りが棄権した。無効票も含めると4600票余りがこの選挙に生かされなかったことになる。町長選では8年前に比べて7ポイントもの減少だ◆美幌町は自治基本条例で町民の町政参画をうたう。政治への関心の低さは、そのまま町政への参画意識の低さにもつながりかねない。3期目の舵を取る土谷さん、14人の議会議員には少しでも町民とかかわりの多い議論、施策決定、交流の場を創出して、次は町長も町議選も90%台を取り戻す4年にしてほしいと願う◆さて、当選の喜びの余韻は残るだろうが課題は待ってくれない。町長も町議もそれぞれの公約実現の第一歩はすでに始まった。町民と対話しながら歩む次の4年間が前進する4年であると願う。     (本多)

追加情報