記者コラム

死亡ゼロ1千日

 先日の13日で美幌町は交通事故による死亡ゼロ1千日を達成した。町内では春の交通安全運動など年間6期、60日間の交通安全運動での街頭啓発や高齢者などへの夜光反射材の配布、おはようコール旗の波運動など交通安全団体や自治会などの活発な活動が実を結んだといえる◆道の道民生活課によると道内で交通事故死ゼロ1千日を達成しているのは今月11日現在で54市町村。最長は西興部村の7407日(11日現在)、次いで積丹町の5382日(同)、美幌町近郊では大空町が1883日(同)、津別町が1878日(同)となっている◆美幌町は4本の国道、6本の道道、さらに美幌バイパスが通る交通の要衝。これから観光シーズンを迎え、美幌峠方面や知床方面、さらに旭川・帯広方面に向かう観光客で交通量が増える。いかに町民の交通安全意識が高くとも、町外からのドライバーの意識までは分からない。事故を起こさない気持ちと同様に、事故に遭わないという意識が大切だ◆8月には事故死ゼロ丸3年、さらにその先には1500日、2千日が控える。1千日に満足せず、より一層の交通安全意識の高揚が必要だ。  (中村)

追加情報