記者コラム

森林セラピー

 人間関係や仕事関係、家事や育児などでストレスを抱える人は多い。解消法は人それぞれだろうが、森林浴に絶大な効果があると改めて知る機会があった。先日まで津別町で開かれていたクリンソウまつりで行われた森林セラピーで、実際に森に入る前と入った後ではストレス度が極端に低下する人が多いという◆津別観光大使でフリーアナウンサーの安達祐子さんが体験した森林セラピーに同行した。ストレス度で濃度が変わるだ液中のアミラーゼをチェックするもので、森に入る前は89だった数値が入った後では10にまで低下。本人も「森と一体となった感じでストレスがなくなった気分」と話していた◆森林浴の素晴らしさは森の音を聞き、木々の香りを嗅ぎ、葉や枝に触れるなど五感で自然を体感することにある。中には森の中を歩くのが大変で逆に気分が低下する人もいるそうだが、多くの人は森林浴で気分がリフレッシュできるはず◆とかく忙しい毎日を送る現代人。自然が豊富なこの土地に住む者の特権として、時には日々の喧騒を忘れてのんびりと森林浴に出かけ、森との一体感を楽しんでみてはいかがだろう。     (中村)

追加情報