記者コラム

クマの目撃情報

 今年はクマの目撃情報が多い。美幌町では9日に美富で足跡が発見されるなど14日現在で26件も情報が寄せられ、既に昨年の13件を大きく上回っている。津別町や大空町でも目撃情報が頻発。特に目撃個所が重なることから、同じクマがはい回している可能性も高いと予想される◆野生のクマに頻繁に出遭うという人は少ないだろうが、もし出遭ってしまったら慌てて逃げないこと。クマの走る速度は時速40キロにもなるそうで、とうてい人間の足では敵うはずもない。慌てず、ゆっくりとその場を離れるのが最善だそうだ◆もう20年以上も前になるが、知床半島の番屋に寝泊まりしている漁師に聞いたことがある。漁が終わり、魚を外した網は番屋の前に置かれる。網の中には小魚などが若干残っており、クマはその匂いを嗅ぎつけて裏山から降りてくる。番屋にいる漁師は「商売道具の網を裂かれては大変」と追い払おうとするが、クマは意に介せず堂々と食事にありつくそうだ◆屈強な漁師でさえ、目の前で悠然と魚を漁るクマにはなすすべがない。もし道路を走行中にクマを目撃したら、変な好奇心を抱かず警察などに通報を。  (中村)

追加情報