記者コラム

エアコンの普及

 夏が短い北海道もずいぶんとエアコンが普及してきた。暑さがピークのこの時期、涼しい場所を探すにも苦労しなくなった。熱中症の予防は、まず暑さから逃げることだから、無理せず涼しい場所に移動したいものだ◆美幌町も暑い日が続く。湿度も高いため、気温以上の暑さを体感する。汗がまとわりつくと、熱中症の危険性は高まる。補給できる水分をいつも持ち歩きたいが面倒で忘れがち。ついつい涼しい場に居座ってしまう。仕事で車を使うから、気温差5度前後を行き来して、一層体力を消耗している◆日中の気温が30度を超えると、街なか全体が暑い。以前なら玄関先の 打ち水 などは当たり前、氷で涼を提供する店先などもあったが、今は見られない。美幌町の水道使用量も、気温とともに変化するが、猛暑の目安となっていた8千トンを超える日がなくなった◆窓を開けて風通しをよくして、扇風機や風鈴の音に夏を感じるのもひと昔前。せっかくの冷風を逃がさないため窓を閉め切って過ごす夏ではスイカも似合わない。どちらにしても、暑さの我慢もお盆まで。いや、これもひと昔前の感覚だろうか。      (本多)

追加情報