記者コラム

ドローン

 首相官邸の屋根に墜落して一気に話題を集めた小型無人飛行機、通称ドローン。長野県・善光寺の法要中に墜落させ、東京の浅草三社祭での飛行をほのめかせた15歳の少年が逮捕される騒動にまで発展。内閣官房が規制に動き、ついに航空法の一部改正案が閣議決定され、飛行場所や飛行時間などに規制がかかることになった◆すっかり厄介者というイメージが定着したドローンだが、いわゆる「使い方次第」では素晴らしい性能を発揮し、成果を収めてくれるのも確かだ。特に災害現場を把握するための空撮や河川や山岳地帯などでの行方不明者の捜索、要人警備のため上空から不審者に目を光らせるなど用途範囲は幅広い◆先日、美幌署の依頼で美幌町が所有するドローンのデモ飛行が町昭野の航空公園で行われた。参加した警察官や消防署員らが地上で見守る中、離陸したドローンが上空からこちらを動画撮影すると、その映像の鮮明さに驚き、その有効性を改めて確認した◆今後、操作性や撮影機器の性能がより高まれば警察や消防でも導入が検討されるかもしれない。人命救助にドローンが活躍する日も近いと感じた。   (中村)

追加情報