記者コラム

ふるさと祭りの素人縁日

 美幌神社秋季例大祭に合わせて開かれるふるさと祭りの素人縁日が来月4~6日、神社通りに軒を連ねる。今年は4日の宵宮祭が金曜日、本祭が土曜日、後日祭が日曜日と、秋祭りには最高の日程。人出を期待する出店者も多いことだろうと思う。財布の中身も少し余分に持ち歩かないといけなさそうだ◆暴力団排除を目的に始まった素人縁日、今年は46店が並ぶ。昨年より4店多いという。テント数も97張り。神社通りを埋めるのに十分な参加となる。24回目となるふるさと祭りに残る課題は当日の天候。晴れを呼べば最高潮の秋祭りになるのは確実だろう◆祭りのもう1つの楽しみは本祭のみこし渡御。神社みこしが市街地を練り歩く。1トン近いみこしの担ぎ手は、美幌神輿会「櫟」を中心に若手自衛官や他市町村のみこし会の応援だ。みこしの担ぎ手はだれでも参加できる。神輿会は24日から練習を開始、26、28日の練習日(午後7時)に一般の参加も呼びかける。一般参加の担ぎ手も歓迎している◆昨年は、長期入院中で出かけられなかった秋季例大祭。自身では2年ぶりの秋祭りを楽しみたいと気合も入る。      (本多)

追加情報