記者コラム

「きてらす」利用者1万人突破

 JR美幌駅の2階に10月オープンした木育ひろば「きてらす」が早くも利用者1万人を突破した。開設から2カ月、子育てママにも好評の施設で、幼児の歓声が連日響いている◆コンビネーション遊具は、アスレチックの要素もある。滑り台は子供の遊び場の定番。ごっこハウスも女の子たちに人気だ。3つの部屋に分かれているので幅広い年齢層の子供たちが楽しんでも安心。親たちはコミュニケーションスペースで交流する◆望まれていた施設だ。「子供がゆっくり遊べる屋内施設」の誕生が、町内外から子供たちを引き寄せる。「買い物しながら帰る」という親も多い。中心街や駅前に比較的無縁だった客層が集まってくるのだから、新たな商機も期待できる◆意外に多いのが北見や網走など町外勢。無料で遊べる木育ひろば人気が口こみで広がる。JR駅内なので、冬も寒さ知らずで利用できる。乳幼児を抱える子育てママにとっては本当にありがたい。ママ友がJR利用を広げるのかもしれない◆先日、JR北海道が駅の無人化を正式に伝えた。乳幼児の声が響く駅がほかにあるだろうかと少し残念な思いだ。     (本多)

追加情報