記者コラム

スリップ事故

 今年は暖冬かなと思っていたらしっかりと夜は冷え込み、23日は道内で氷点下20度を下回る場所もあった。やはりいつも通り冬はやって来るのだなと改めて感じさせられた。それでも昼間は比較的暖かいため、冬本番はまだ先だと感じている人は多いのでは◆昼間の暖気で道路の雪が溶け、夜間の冷え込みで再び凍ると翌朝はツルツル路面の出来上がり。23日は美幌町の市街地、郊外ともに積雪がある道路は圧雪アイスバーン、積雪がない道路もブラックアイスバーン状態に。ゆっくり走行していても横滑りするなど相当神経を使う運転が必要だった◆北海道のドライバーであればツルツル路面の危険性、スリップを回避する運転の仕方は十分に分かっていると思うが、怖いのは道外からの転勤族や観光客。アイスバーンは滑ると理解はしていても、想像とかけ離れた滑り具合に驚くのでは◆毎年のように冬場の観光客によるスリップ事故が発生している。道産子として「冬道をナメるなよ」という気持ちで、凍結路面でのブレーキやハンドル操作など見本を見せる安全運転をしてほしい。決して自分がスリップ事故の当事者にならないように。(中村)

追加情報