記者コラム

明日15日は「小正月」

 1月7日までの松の内を「大正月」と呼ぶのに対し、明日15日は「小正月」と言われ、松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう「女正月(おんなしょうがつ)」という地方もある◆女正月は女性が暮れのおせち料理作りから年始客の接待など、何かと忙しかった正月の疲れを取るための休息日とされ、男性が女性の代わりに料理などの家事を行う日とされている◆福島県会津地方は「女の正月」として、女性たちが一日中仕事を休み遊ぶ日とされ、近畿地方から西寄りでは女性の骨休め、鯛やブリのアラを煮込んで残り物を始末することから「骨正月」と呼ぶ地方もある◆また、女正月前夜の14日を「女の年取り」と言い、この日の夕飯は男性が作るしきたりの地方、さらに15日の昼から晩にかけては男子禁制の「女の酒盛り」と呼ばれる酒宴を開く地方もあるという。年末年始の忙しさから開放された主婦らがどんな酒宴を開き、ご主人への愚痴を言い合うのか。恐くもあり、聞いてみたい気もする◆正月休みは酒盛りに明け暮れたご主人方、明日の女正月は奥様に休んでいただいて家事を担当したほうが後々良いと思いますよ。     (中村)

追加情報