記者コラム

北海道新幹線開通

 道民待望の北海道新幹線がきょう26日、新青森と新函館北斗間で開業する。道南の沿線住民と道東などの地域住民との温度差に違いはあれど、北の大地を新幹線が疾走する姿を早く見てみたいものだ◆本州から来る新幹線が通るのが青函トンネル。1950年台、津軽海峡に浮遊機雷が流入し、さらに台風で洞爺丸など4隻が被害を受けた洞爺丸事故を受け、海底トンネルという壮大な計画が持ち上がった。掘削時の海水流入で34人が犠牲になるなど苦難の連続だったが、1988年3月13日に無事開業した◆筆者はまだ青函トンネルを通った経験はないが、亡くなった祖母が開業当時に体験したそうだ。知内町側からトンネルに入った瞬間、乗客全員が万歳三唱したが「窓の外は真っ暗で普通のトンネルと同じだった」という笑い話を聞いたことがある◆きのうはJR石北線の金華駅(北見市留辺蘂町)など4駅が廃止され、美幌駅も無人化が決まった。道内観光発展に期待が高まる北海道新幹線の開業は喜ばしいが、道東に住む1人として、安倍首相が掲げる地方創生という政策を冷ややかに見つめざるをえないのも事実だ。       (中村)

追加情報