記者コラム

エープリルフール

 さて、どんなうそをつこうか。31日まではワクワクしながら思いを巡らせていたのだが、いざ1日を迎えると思いつかないものだ。海外と違って「新年度」のスタートになる日本の4月1日は、なかなかに忙しい人が多くて、ユーモアを受け取る余裕がない◆「うそ」といえば、芸能界やスポーツ界でも最近のスキャンダルは「うそ」が目立つ。経歴詐称などというのもあった。政治家の世界は「うそ」よりも騙し合いだろうか。今夏の参院選、同日選挙があるのかどうか。まだ安倍首相の言葉が「うそ」か「本当」かはだれにも分からない◆海外ではマスコミもエープリールフールを楽しむ。過去に海外配信の「うそ」記事が、世界に流れたなんてケースもあった。笑い話で終わるユーモアなら済まされるのだが。きのうは、家族に「うそ」をついた人も多いだろう。エープリールフールでつける「うそ」は午前中がルール。そうでない人は家族に謝ろう◆〈君と我うそにほればや秋の暮〉北見地方にも縁のある高浜虚子が詠んだ句は、「うそ」だらけの世の中を皮肉った。できるなら「うそ」は4月1日にとどめたいものだ。(本多)

追加情報