記者コラム

2016.04.19 フレッシュさん

 この春、高校や大学、専門学校を卒業し企業や官公庁などに就職した新社会人を応援するコーナー「フレッシュさん」が本紙4面でスタートした。まだ学生気分が抜け切れていない新人さんも見受けられるが、一生懸命仕事を覚えようとする姿を見ると応援したくなる◆社会人は学生時代とはまったく違う環境や生活スタイル。「ネクタイを うまく結べず 遅刻する」というサラリーマン川柳もあるが、基本的に遅刻は許されない(学生が許されるわけではないが)、年代の違う同僚や仕事先の相手とのコミュニケーションなど心身ともに疲れが出るころか◆新社会人にとってこれから迎える大型連休が1つの節目。無我夢中だった1カ月が過ぎ、数日間仕事を休むことで急に自由な時間が生まれ、これまで蓄積された経験のないストレスや疲労感から休み明けの仕事への意欲が湧かなくなる。いわゆる「五月病」だ◆予防対策として、運動や学生時代の友人に会うなど心身のリフレッシュが効果的といわれている。これから何十年と続く社会人生活。五月病など乗り越えて楽しい人生を送ってほしい。頑張れフレッシュさん。
(中村)

追加情報