記者コラム

2016.05.28 奇策

来年4月導入が決まっていたはずの消費税10%が、再び延期されそうな雲行きになっている。増税延期で解散総選挙を行ってから1年半、再び政局が動きそうな気配が永田町に漂う。7月の参院選に衆参同日選があるのか、6月1日の国会会期末にがぜん、注目が集まっている◆景気減速のリスク解消への増税延期だが、財政健全化への話題は乏しい。2%分の税収をどうカバーするのか、社会保障費は大丈夫か。東日本大震災の傷跡が残る中で熊本地震の災害復旧に、どれだけの財政支援ができるのか。増税をしないのであれば、さまざまな説明が必要になる◆ネット上では、増税とセットの国会議員定数問題も先送りとの批判が強い。果たして、公示まで残り1カ月を切って、こうした疑問に答えを出せるのか。特に18歳の有権者に分かりやすく争点を示せるだろうか。同日選でなくても、選挙に立つべき者の責務だ◆「奇策とは百に一つも用うべきではない。九十九まで正攻法で押し、あとの一つで奇策を用いれば、みごとに効く。奇策とはそういう種類のものである」(坂本龍馬)。さて安倍首相は奇策に出るのか。(本多)

追加情報