記者コラム

2016.08.25 ポケモン1カ月

 ポケモンGOが、日本での配信から1カ月になったという。配信当初、美幌町でもスマホを片手に、画面を凝視する歩行者が目立ち「ジム」と呼ばれる対戦場所に人が集まっていたが、最近はそう目立たない◆しかし、警視庁のまとめでは、交通違反の摘発がこの1カ月間で1140件に上ったという。運転中のスマホ操作が違反の大半だが、中には信号無視や一時不停止も見られる。摘発までは至っていない駐車禁止違反や不法侵入も含めて、ポケモンGOがもたらしたマナー、ルール違反は多いのか、少ないのか◆いわゆるレアキャラ探しが楽しいらしく、出現の情報に人が動く。夏休み中とあって、子供たちが夜中に街をうろつく。かつて飲酒や喫煙で補導される非行少年の代名詞だった深夜徘徊(はいかい)は、ポケモンGOのユーザーの代名詞になりつつある◆ポケモンGOのダウンロード数は1億3千万回に達した。ガラケーでポケモンGOに無縁の身は、何やらレアキャラ気分だ。そのレアキャラ出現が少ない地方都市の大人のユーザーは、そろそろ飽きもあると聞く。熱しやすく冷めやすいゲームの宿命だろうか。(本多)

追加情報