記者コラム

美幌のそば

 札幌市南区澄川で9年になるそば屋さんが人気だそうだ。店名は「美幌そば処 藍」。店主の石川晴夫さんは、もちろん美幌町の出身で、そば粉も美幌町内で生産している◆そんな石川さんから、町長に手紙が届いた。札幌で全道一と自負する美幌のそばを使っていることや、東京銀座の高級そば店で石川さんのそば粉が使用されること、そして、美幌町民が来てくれたら半額で提供すると伝えている。「少しずつでも美幌の名前が広まることに期待している」と締めくくる◆石川さんは、実家の美和の畑でそばを栽培しているという。秋には自分も実家に戻りトラクターに乗るという。「愛する美幌という名を使う以上、全道で一番、日本で一番の味を目標に頑張っている」とも手紙に記している。札幌市内のそば店180店中で10位にもランキングされたという◆さっそく札幌市の出張の際に寄った副町長。店の雰囲気を絶賛。「常連もいるし、学生の寄せ書きがあって親しまれている感じが伝わった」。日本料理の板前だったという石川さんの提供するメニューの味はもちろん絶品だと言う。そば通をうならせる美幌の味、札幌に出かける機会があれば、ぜひ立ち寄ってみたいものだ。(本多)

追加情報