記者コラム

救急出動回数

 美幌・津別広域事務組合消防本部によると、平成26年の美幌町と津別町の救急出動回数は過去最多の1206件。またドクターヘリの出動は前年の1件から3件に増えた◆ドクターヘリは救急用の資器材を搭載し、文字通り医師が搭乗する空飛ぶ救急車。いち早く現場に駆けつけることでより救命率が高まると期待される。道東では平成21年に市立釧路総合病院が導入し、オホーツク圏もカバーしている◆ヘリコプターが降りられる広い場所が現場近くにあるなど条件次第だが、美幌町や近郊なら出動要請を受けてからわずか十数分で現場に到着し、医療機関へ搬送できる。同消防本部管内では25年に1件、26年に3件出動を要請している◆導入当初は美幌近郊でドクターヘリを要請した際、北見市内にあるヘリポートまで運び、そこから救急車で医療機関に搬送していた。しかし昨年、移転新築した北見赤十字病院の屋上にヘリポートが整備されたことで、これからは直接病院搬送が可能に◆もちろん救急出動自体ないことが最善なのは言うまでもないが、ドクターヘリによる搬送時間短縮で救命率向上への期待が高まることも確かだ。(中村)

追加情報