記者コラム

きのこの日

 気温が下がると、温かい食べ物が恋しくなる。つい、先日までアイスやら冷たい飲み物を欲しがっていたのだから、季節の変わりは早い。さて、この時期に温かい食べ物といえば、やっぱり鍋物。実りの秋に登場する豊富な野菜類を、鍋物ならたくさん食べられる◆秋の鍋物に欠かせないのがキノコ。自然の中で採ったものは、神経毒を持つものもあるので要注意だが、定番のキノコなら、スーパーにもたくさんの種類が並んでいるので、食うほうが専門分野の身にはありがたい。魚にも肉にも合うキノコは、鍋物の登場で脚光を浴びる◆キノコが、腸の働きを助けることを最近知った。免疫力を高める食材として真っ先に挙がるものだ。少々、腸の働きが弱った身だけに、せっせとキノコ料理を食べるには鍋物が最適だ。子供のころ不得意だったキノコだが、年を重ねるごとに味わえるようになった。この年齢になって、キノコのうまみを知って、少し得した気分だ◆きょう10月15日は、「きのこの日」と日本特用林産振興会が制定している。この地域もキノコの宝庫。事故に注意してキノコ狩りを楽しんでほしい。     (本多)

追加情報